鏡リュウジ「占星術の未来」

最終更新: 2019年9月21日

10代の少年時代から占星術に惹きつけられ、かなりの年月が過ぎました。 物心がつくかどかの70年代、80年代から今にいたるまで日本、そして英国の占星術シーンをつぶさに観察してこれたのは、本当に幸せなことでした。

占星術には悠久の歴史があります。僕たちなみな、その系譜をひきながら今も歩いています。

けれど、その一方で占星術もまた人の作る文化。ここ数十年の間にもさまざまなトレンドの変化があり

それを僕は目の当たりにしてきました。占星術は一枚岩ではなく、その中にはさまざまな世界観やスタンスがあるのです。

これまでの占星術シーンを振り返りながら、実践家、アカデミズムの双方を含め今の状況をご紹介しつつ、

今後の占星術の未来の希望を語ってみたいと思います。

7★17:00~17:50 【profile】 1968年、京都生まれ。心理占星術研究家・翻訳家。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。 ・英国占星術協会会員 ・日本トランスパーソナル学会理事 ・平安女学院大学客員教授 ・京都文教大学客員教授 ・趣味は料理と古書蒐集。好きなものは赤ワインと肉、イギリス。 <書籍> 2002年刊行『魔法の杖』シリーズが100万部突破のベストセラーに。 ユング派心理学者の著書翻訳など硬派なものから、占い実用本『はじめてのタロット』まで幅広く出版している。 著書訳書あわせて100冊以上。直木賞作家角田光代氏とのコラボなど、異色な本も。 <テレビ> デビューは1990年代、NHK「ソリトン」。 「ぐーたんぬーぼー」「お昼のニュース番組」などのレギュラーにも。 「情熱大陸」「ソロモン流」にも出演経験あり。

<ラジオ> 東京エリア限定Jwaveで馴染み深い人も多いはず 90年代は深夜枠で「tomorrow never knows」にレギュラーで登場。同番組終了後は、朝の番組「Boom Town」の「スターマン」コーナーにて毎朝、星占いを届けていた。 2011年3月の番組終了時には多くのファン惜しまれた。 ↓受講希望、参加のお申込みはこちらです↓ https://www.starcarousel.com/events/star-carousel-2019


0回の閲覧

© 2019 by STAR CAROUSEL .